県道223号線サイクリング

2018.11.17.01:06




かねてより計画していた、

県道223号線を使って、

ぐるっと一周サイクリング。


DSC_1943.jpg




出発は田子の浦港。

5時30分。

空はまだ暗い。




しばらくすると、

東の空がうっすら明るくなってきた。

DSC_1896.jpg

とりあえず沼津方面へ向かう。





大瀬崎近くまでやってきました。

DSC_1909.jpg

流石は沼津、

自転車を止める場所もちゃんとある。

ちなみに妻のMTBは小さくて前輪が着かない。





大瀬崎探索はまた次の機会。

DSC_1913.jpg

今日は12時までには土肥へ着きたいのだ。







井田の集落が一望。

富士山も見えてきました。

DSC_1922.jpg

砂州で出来た集落ですね。

地形好きにはたまらん。








戸田の街を見下ろす。

DSC_1031.jpg

ここは砂嘴だね。

美しい・・・・。





やっと土肥までやってきました。

時間は11時30分。

なんとか船の時刻に間に合いました。

DSC_1949.jpg

ここからが県道223号線。

いわゆる富士山の道。





残念ながら富士山は雲に隠れてしまいました。

DSC_1967.jpg








船は清水に到着。

DSC_1051.jpg

ここから富士市へ帰るのですが、

さすがに疲れも出てきて、

写真をほとんど撮ってません。



まぁ、いつもの道。

いつもの景色。



15時50分。

スタート地点に戻ってきました。

走行距離はおよそ105キロ。

まずまずのサイクリングでした。






薩埵峠サイクリング

2018.11.02.22:34



たまには100キロぐらい走ろうと思うのですが、

いきなり100キロは大変そうなので、

ちょっとその前にトレーニング。



富士川の河口から薩埵峠を目指します。




由比駅前

DSC_0964.jpg

ちょっとだけ富士山が見える。




さて坂を登り始めます。

写真から坂のキツさが分かるでしょうか?

DSC_0965.jpg

薩埵峠は東から登るのがキツイとされています。




まぁ、しかしMTBだと、

それほど大変ってわけでもないです。

まぁギヤ比の問題ですね。




国道1号線と東名高速道路がよく見えます。

DSC_0969.jpg






峠に到着。

DSC_0973.jpg

薩埵峠はミカン栽培が盛んなので、

峠にミカンが売ってました。

疲れた身体にミカンが染み渡る。美味い。






帰りにちょっとした趣味の探検

蒲原にある古い隧道。

DSC_0983.jpg

素敵。






そしてループ!!

DSC_0985.jpg

上を通っているのは東名高速道路。




そして再び隧道。

DSC_0988.jpg

隧道→ループ→隧道のフルコースやっ!




そして、もう一つの趣味の探検。

DSC_1005.jpg

蒲原城。




山頂までは、ちょっとした登山。

DSC_0997.jpg





駿河湾が一望出来ます。

DSC_0999.jpg

これは城としてなかなか優秀。






そんなこんなのトレーニング、

そして趣味の古い隧道と城跡。


なかなか素敵なサイクリングでした。





秋の宝永山

2018.11.02.00:00



富士山がすっかり冬化粧になったので、

車で五合目まで行ける期限前に、

宝永山に登ってきました。




場所によっては紅葉もあり。

DSC_0917.jpg





登山道が雪でクッキリ。

DSC_0924.jpg




宝永山山頂から富士山山頂をのぞむ。

DSC_0946.jpg

すっかり傘がかぶりました。




人も少なくて良い感じ。

DSC_0954.jpg

簡単、短時間、心地よい登山でした。




ご褒美の焼き肉

2018.10.12.00:41


箱根の峠に美味しい焼肉屋さんがあります。


DSC_0887.jpg



当店、土地柄、箱根には近いほうなので、

お店に来るお客さんに「サイクリングのついでに」と、

いつもオススメ中なのであります。


ちなみに今回、10月10日は私達夫婦の入籍記念日なので、

ジュージューの日、って事で、焼き肉を食べに行きました。


DSC_0879.jpg




相変わらず美味いっす。


皆さんもぜひ!

最近サボりがちですが

2018.10.01.23:03



実家に帰省したり、

展示会行ったりしてます。

自転車あまり乗ってないなー。


IMG_1113.jpg
プロフィール

サイクルセブン

Author:サイクルセブン
富士市の自転車屋「サイクルセブン」のスタッフ達です。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム